« 『失われた笏の事件』 (Case of the Missing Scepter) の紹介 | トップページ | 『ローボークの島』 (Roboke's Island) の紹介 »

2015年1月30日 (金)

『ある粗末な人生』 (A Rough Life) の紹介

Wesnothのアドオンキャンペーンである『ある粗末な人生』 (A Rough Life) の紹介です。

ビッグになると夢見る若きチンピラの冒険です。彼は思いがけぬ冒険に巻き込まれ、ある意味自分の「夢」を果たします。というと成長物や立身出世物のようですがそうではなく(後述)、巻き込まれ型、予定調和童話風、A boy meets a girl物です。と思います。

ストーリー重視のキャンペーンと言うこともあって、なかなかよくできたストーリーです。その一方で、ゲームの方はほとんどミニゲーム風のマップが多く、戦闘を楽しみにしている方には向いていません。また、ストーリーもシナリオ中にイベントとして起きるものがほとんどない、素直な作りになっています。

メッセージの翻訳を置いておきます。1.12用のみ。ラインセンスはGPLv3またはそれ以降です。

ダウンロード wesnoth-A_Rough_Life-1.2.6-ja-9.zip (235.0K)

えーと、感想なのですが…

どうも自分には相性が悪く、主人公の人となりにしっくりいきませんした。ラクサーとかあんなに活き活きしているのに、主人公はどうも… 作者は成長物を志向しているようですが、どうもそうは思えなかった。終盤の選択も、片方しかありえないと思いました(相手が姫ってのがピンとこない原因かもしれません。それ以上望むことある?)。

ただし(自分で勝手に分類しておいてなんですが)巻き込まれ型ということで等身大的主人公であって、「ヒーロー」とラベルが貼ってある人形ではありません。よく読み返してみて、楽しめなかったのは自分の偏見だと結論しました(あるいは翻訳が悪い、主人公に関する描写は地の文が多いからとか?)。みなさんはちゃんと楽しめると思います。

« 『失われた笏の事件』 (Case of the Missing Scepter) の紹介 | トップページ | 『ローボークの島』 (Roboke's Island) の紹介 »

Wesnoth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064309/58761894

この記事へのトラックバック一覧です: 『ある粗末な人生』 (A Rough Life) の紹介:

« 『失われた笏の事件』 (Case of the Missing Scepter) の紹介 | トップページ | 『ローボークの島』 (Roboke's Island) の紹介 »