« 『ある粗末な人生』 (A Rough Life) の紹介 | トップページ | 『常世の石』 (Amaranthine Stone) の紹介 »

2015年2月 1日 (日)

『ローボークの島』 (Roboke's Island) の紹介

Wesnothのアドオンキャンペーンである『ローボークの島』 (Roboke's Island) の紹介です。

美女でいっぱいの神秘の島を探検します。


未プレイの人向けにアドオンキャンペーンを紹介するという趣旨から言うとこれで十分な気がしますが、いつもながら蛇足気味の説明を加えておきます。

まず、作者の手によるキャンペーン紹介文の胡散臭さが期待を高めてくれますが、中身はかなり普通です。それでも神秘の島の冒険ですので、美女あり、謎あり、宝物あり、(美女以外の)危険あり、となかなか楽しいです。地図も出てきたりして冒険気分を盛り上げます。それに次のシナリオのマップと前のシナリオのマップの端が重なるなど、地理的正確さもあって探検している感じになります。こういうキャンペーンをあまり見ないのはなぜだろうね?

まだ開発中なので最初にシナリオ選択がありますが、素直に1番目 (左上のOverture) から始めましょう。一旦開発中のステータスは外れたのですが、やっぱりバランス調整とかいろいろテコ入れをするらしいです。

メッセージの翻訳を置いておきます。ライセンスはGPLv3またはそれ以降です。

ダウンロード wesnoth-Roboke-0.9.6-ja-5.zip

翻訳指定がされていなくて、翻訳されないメッセージとかが結構あります。残念ながら特に最後の方。

感想とかその他の情報を含んだ全文は続きで。

目次

  1. 感想
  2. ヒント
  3. アイテムリスト

感想

個人的には好きなキャンペーンですが、未完成らしきところもあり、まだ万人向けにお勧めとは言いがたいです。美女がらみも前半しかありません。ブラッキーとかせっかく出てくるのに。報われなさそうなファン・ダイクにも愛の手が欲しいところです。あと、海獣が嫌いになります。

今のバージョンでも前半は楽しいですが、後半は息切れ気味かな。今後が楽しみです。作者の考えている予定はdoc/TODOをご覧ください。

ヒント

一部のシナリオは難し目のような気がするのでちょっとヒントを。簡単レベルでやってます。版は0.9.4〜0.9.6です(まだまだ開発中のようですので結構変わるかもしれません)。もちろんネタバレです。

シナリオ4 North Shore
  • 洞窟のゴールドは、見えないところにもあります。
シナリオ6 Amazon City
  • 洞窟のアンデッドを倒すとアイテムを落とします。
シナリオ8 Pirate Bay
  • 人骨付近からアンデッドが出てきますが、倒した陣営にゴールドが入ります。
  • 南東の山の中の村の1つは、敵の主塔の向こうの村までトンネルでつながっています。
  • 船を2隻奪っても終了ですが、敵のリーダーを倒すと次のシナリオがパスされるのでお薦めです。
シナリオ10 Southern Cliffs
  • このシナリオは難しいと思います。
  • 敵は湧いてきます。ほとんどは下半分みたいです。
  • 地図を見つけるとさらに湧いてきます。
  • 28ターン目あたりで強い敵が湧き出し始めます。
  • ハンマーは上の半島の先に洞窟があってそこを抜けると取れます。卵は毒消し能力の追加です。もちろんキャノネエルしか取れません。
  • 東に抜けて終了です。
  • 地図を見つける前に固定の敵を掃除するか、無視して最低限の進路を切り開いて進むかどっちかだと思います。どちらにせよ、最後の方は人魚と小舟を生贄にするといった感じの運用になると思います。後じゃなくて前の進路を確保するようにブロックするユニットが必要です。
シナリオ11 Dwarven Maps
  • 次のシナリオ選択は、沖合のWater Colorsの方が簡単でしょう。
シナリオ12a Perils North West
  • 説明にある通り、蛇は海から出てきませんし、サソリと蜘蛛は緑のヘックスに入ってきません(隣接すると攻撃を受けます)。今後のシナリオも同様です(この説明はWater Colorsに行ってしまうと読めませんね)。
  • 見えませんが、ナーガの主塔近くのX型の森の真ん中に稲妻の杖があります。
シナリオ12b Water Colors
  • 簡単なパズルです。北に濃い色を、南に薄い色を集めます。船が移動する前にあった色が、次の移動先にコピーされます。これから移動するところの色を覚えておきましょう。
  • ターンごとに少しだけ色がランダムに変わります。
シナリオ13 Prison Camp
  • 炎の剣はこのシナリオの方が取りやすいです。
シナリオ16 Southern Caves
  • シナリオ10 Southern Cliffsの悪夢再び。だけどちょっと簡単かも。幕がないせいかな。まあとにかく急いだ方がよいです。
  • マーマンやキャノネエル以外に金の鎧を取らせたいのでなければ、地上軍は要りません。ローボークとロージーだけでも行けます。
  • 西のバルブへは緑の丘経由で行けます。地上から行ってそこで洞窟に切り替えて陽の当たる所で地上に。
シナリオ17 Through the Hills
  • 2ターン8ユニットしか雇用・召還できません。事実上マーマンのみだと思いますが、回復できる司祭系が複数いないと厳しいと思います。あと、ストームトライデント持ちが育っていないと。
  • 蝙蝠は地道に削るので注意。蝙蝠で沈むガレオン船ってどういうこと? サソリの毒と組み合わせると効くので毒は食らわないように。
  • 最初の蝙蝠ラッシュが終わってウルフライダーが来る前に1つ上の湖へ移動して、そこから上は慎重に行けば良いと思います。
  • 片岸を重点的にクリアにする感じにすると良いでしょう。

アイテムリスト

得られるアイテムのリストです(0.9.6版)。もちろんネタバレですので、ゲーム中で探すのが楽しみな方は読まない方が良いです。また、聖水とか強さの薬とかのようなシナリオ内のみ有効なものは除いてあります。

アイテムシナリオ効果注釈
治療師のネックレスシナリオ2 Landing Party回復・解毒と再生能力を得る難しいレベルは再生なし
銀の鎧シナリオ4 North Shore秘術を除く全耐性がアップ(斬撃・刺突+30%、打撃・火炎+20%、冷気+15%)全部で2つですが、後の方はマーマンしか取れないと思う。
シナリオ23 Ghost of Oceb
血塗られた斧シナリオ6 Amazon City格闘(斬撃) 11-3 (生命吸収)アンデッドを倒すと落とします。
ストームトライデントシナリオ8 Pirate Bay投射(火炎) 15-2 (魔法)全部で2本取れます
シナリオ10 Southern Cliffs
破滅のハンマーシナリオ10 Southern Cliffs格闘(火炎) 15-4 (魔法)どちらか片方でしか取れません
シナリオ16 Southern Caves
健康の卵シナリオ10 Southern Cliffs解毒能力を得る
神秘的な稲妻の杖シナリオ12a Perils North West投射(秘術) 10-3 (魔法)シナリオ15で出現するのはシナリオ12aを通らなかった場合のみ。
シナリオ15 Esastern Caves
俊足ブーツシナリオ13 Prison Camp移動力+2
炎の剣シナリオ13 Prison Camp格闘(火炎) 9-4 (魔法)シナリオ13と14はどちらか片方でしか取れません。
シナリオ14 East again
素早さのリングシナリオ14 East again移動力+2
吸血ヒルの祭壇シナリオ15 Eastern Caves生命吸収・毒・疾病無効1回だけ。生命吸収無効は対リッチ戦で便利。
金の鎧シナリオ16 Southern Caves全耐性が+20%マーマンやキャノネエルだけでなく地上軍でも行ける。
生命のリングシナリオ16 Southern Caves最大HPが15増えるマーマンかキャノネエルしか取れないと思う。
緑の外套シナリオ16 Southern Caves潜伏と隠密能力を得るシナリオ8 Pirate Bayにもあったトンネルを使えば取りに行けます。キャノネエルのみ。
冷気の剣シナリオ19 Reunion格闘(冷気) 9-4 (魔法)
再生のリングシナリオ22 Caves of Oceb再生能力を得る
光の杖シナリオ22 Caves of Oceb照明能力追加
祝福の巻物シナリオ23 Ghost of Oceb攻撃力+30%、ダメージタイプを秘術に
素早さのリングシナリオ25 Fin移動力が2倍にシナリオ14の同じ名前のアイテムと効果が違う

« 『ある粗末な人生』 (A Rough Life) の紹介 | トップページ | 『常世の石』 (Amaranthine Stone) の紹介 »

Wesnoth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064309/58782483

この記事へのトラックバック一覧です: 『ローボークの島』 (Roboke's Island) の紹介:

« 『ある粗末な人生』 (A Rough Life) の紹介 | トップページ | 『常世の石』 (Amaranthine Stone) の紹介 »