« 『優しい悪意』 (Affably Evil) の紹介 | トップページ | ENDLESS SKY (ゲーム)の紹介 »

2016年2月 1日 (月)

Wesnothアドオンキャンペーン紹介(一覧)

Wesnothについて

Wesnothとかアドオンキャンペーンについては日本語情報がまとまっているWesnoth Wikiという定番サイトがあるので、そちらをご覧ください。

ゲームの中身については前述のwikiに書いてあるので、ここではおもに未プレイの人向けにストーリーその他の紹介をします。ネタバレなども含みますので、プレイする気になったらそこで読むのをやめたほうがよいかもしれません。

Wesnothアドオンキャンペーン紹介

このブログで紹介しているWesnothのアドオンキャンペーンの一覧を書いておきます。(アルファベット順)

題名日本語題名お勧めポイントお勧め度1.14対応
Affably Evil優しい悪意フィールドタイプのRPGのようなキャンペーンです。2/5
Alariel's Journey: A Faerie Taleアラリエルの旅――あるおとぎ話――かわいらしい妖精が登場するまさにおとぎ話です。3/5×
Amaranthine Stone常世の石かわいらしい姫が登場する独特の雰囲気を持つキャンペーンです。3/5×
A New Order新しい秩序高水準のストーリーとゲーム性を兼ね備えています。5/5×
A Rough Lifeある粗末な人生ストーリー重視、ゲームは簡単。3/5
A Song of Fire炎の歌『ウェスノスの兵士』と同じ作者による、ファンタジーらしい設定の話です。3/5×
Case of the Missing Scepter失われた笏の事件ホームズパスティーシュ。コミカルで気楽に楽しめます。皮肉が効いています。4/5×
Legend of the Invincibles無敵の者たちの伝説RPGふうのやりこめるキャンペーン。英雄譚が好きな人へ。5/5
Only Death Behind死だけを背後に小さめのキャンペーンで、気軽に遊べます。2/5×
Roboke's Islandローボークの島神秘の島を探検します。開発中。2/5×
Saving Elensefarエレンスファー救援昔からずっとあるキャンペーン。高難度(経済的な意味で)。1/5×
Soldier of Wesnothウェスノスの兵士WesnothやUMCの設定をていねいに拾ってる密度の濃いキャンペーンです。4/5×
Swamplings沼人たちユーモラスな語り口で語られるストーリーがゲーム中のイベントとうまく組みあわされたクオリティの高いキャンペーンです。戦闘はふつう。5/5
The Flight of Drakesドレークの飛行小さめのキャンペーンで、気軽に遊べます。さわやかなお話。2/5×
To Lands Unknown未知の土地へ全体で大きな絵になったマップが特徴です。3/5

おすすめ度は相対評価です。1でも普通レベル(翻訳したいと思えるレベル)です。(当たり前ですが、お勧めというのは、その対象より勧めてる人についてわかることの方が多そう…)

Wesnothアドオンキャンペーン紹介(番外編)

何のコンテンツも提供できませんが、有名どころも含めておもしろいやつを紹介しておきます。上のおすすめ度との比較にでも使ってください。

題名お勧めポイントお勧め度1.14対応
Elvish Dynasty RPGランダムシナリオかつ戦略要素ありの楽しいキャンペーンです。あの楽しい翻訳のノリは私には出せません。(0.12版はまだやったことがありませんが…)4/5
Fate of a Princess昔からあるキャンペーン。この作者はほかにもたくさん作っているので、気に入ったらやってみましょう。だいたい似た感じです。2/5×
Invasion from the Unknownマンパワーが投入されていることがよくわかる作品。細部まで気を使っていることがわかります。シリアスな話というより英雄譚的なものと思います。そういう意味では似た感じの『炎の歌』と比較すると、ゲームとしての完成度が高く、登場人物などの魅力には乏しいといった感じです。(ここまでは1.90版以前の話です。1.99版は気になってたところ(Elyniaと会うところ)までしか見てませんが、細部は修正されていて、受ける印象は大きく変わるかもしれません。)3/5
Ooze Mini CampaignElvish Dynasty RPGの前日譚とも言える作品で、短いですがElvish Dynasty RPGと同様に楽しい作品です。3/5
Story of the Wose短いですが、とぼけた雰囲気(日本語訳の味?)が楽しいキャンペーンです。1/5
The Library of Kratemaqht楽しいキャンペーンですが、考えさせられるストーリーです。アンデッドの邪悪さ、人間性に対する絶望を思わせます。ゲームのバランスは悪いです。翻訳可能でないのが残念。Wesnoth 1.14だとちょっとおかしくなるけどいちおう最後までいけます。4/5

以下のつづきはだれの役にもたたないかも。ただの個人的覚書なので、すくなくともプレイヤーの役にはたちません。

Wesnothアドオンキャンペーン備忘録

その他のアドオンキャンペーンの国際化対応状況またはストーリー読解的観点からの個人的覚書。まともに読んでないので間違っているかもしれない。

題名ステータス版数コメント
A Fiery Birth1.0.0国際化未対応(パス指定なし)。たいした話ではなさそう。
A Little Adventure3.1.2けっこう書かれてるみたいだけど。
A Magicians Tale3.0.2たいした話ではなさそう。
Ashen Hearts2.41.0文章は少ない。
Carved in Stone1.3.1国際化未対応。たいした話じゃなさそう。
Dawn of Thunder△△0.1.9.5国際化未対応。WIP。長くなった。
Epic Between the Tides2.0.1国際化未対応(パス指定なし)。
Five Fate1.7.0国際化未対応(パス指定なし)。不正文字コードあり。
Forgotten Legacy0.6.1WIP? 戦うだけかな。
Oath of Allegiance1.16.2不正文字コードあり。けっこう長くなったみたい。
Raajal1.2.2文章は少ない。
Rebirth in Nature0.3.6国際化未対応(パス指定なし)。
The Library of Kratemaqht△△△1.1.2国際化未対応(パス指定なし)。あと、textdomain名に空白があるといろいろだめみたい。ストーリーパートが多い。Unofficial古代年表を参照。
The Rulers of Irdya0.1.5国際化未対応(パス指定なし)。現状ではシナリオは1つだけ。textdomain指定がまちがってる。
The Three Sisters Saga3.0.0たいした話ではなさそう。
The Young Khan0.0.1国際化未対応(パス指定なし)。とりあえずいまのところたいした話ではなさそう。

ダウンロードすらしてないものは当然書いてない。

wmlxgettextは1.12のやつ(Perl版)を空文字列とエラーを無視するよう改造。UTF-8エンコードのエラーを無視するよう改造もできるけど、結局gettext系のツールでエラーになる。1.14版のwmlxgettextは昔のPython版と同じでマクロとかを追跡できないみたい。

« 『優しい悪意』 (Affably Evil) の紹介 | トップページ | ENDLESS SKY (ゲーム)の紹介 »

Wesnoth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064309/63749192

この記事へのトラックバック一覧です: Wesnothアドオンキャンペーン紹介(一覧):

« 『優しい悪意』 (Affably Evil) の紹介 | トップページ | ENDLESS SKY (ゲーム)の紹介 »