« Wesnothアドオンに関するメモ | トップページ | Python3のenumは遅い? »

2017年7月 7日 (金)

Fontconfigを使ってフォントの横幅を変える方法

ヒンティングの設定や、fontconfigかなにかの更新でurxvtの横幅が大きく変わることがあったので、フォントの横幅を変えて対処してみました。

もとのフォント設定はPrimaSansMono BTで、新たにPrimaSansMono BT2を作ってその横幅を縮めます。この設定は~/.config/fontconfig/fonts.confに加えました。

<match>
  <test name="family" compare="eq"><string>PrimaSansMono BT2</string></test>
  <edit name="family" mode="assign" binding="same"><string>PrimaSansMono BT</string></edit>
  <edit name="matrix" mode="assign">
    <matrix><double>0.95</double><double>0</double>
            <double>0</double><double>1</double>
    </matrix>
  </edit>
</match>

0.95のところの数字を適当に変えます。わたしの今の環境では、これを0.96にすると1倍と同じくurxvtの横幅が一気に150ドット伸びました。どこかに閾値があるみたいです。

urxvtの設定はxrdbに読みこませるリソースなどでおこないます。もともとPrimaSansMono BTだったのをPrimaSansMono BT2にします。

URxvt*font: xft:PrimaSansMono BT2:pixelsize=14,\
            [codeset=JISX0208]xft:FGHeiseiKakuGothic:pixelsize=16

« Wesnothアドオンに関するメモ | トップページ | Python3のenumは遅い? »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064309/71076874

この記事へのトラックバック一覧です: Fontconfigを使ってフォントの横幅を変える方法:

« Wesnothアドオンに関するメモ | トップページ | Python3のenumは遅い? »